ベテラン探偵の奮闘日記!

帝国興信所のベテラン探偵が日々調査に駆けずる回る中で、苦労したことや感動したこと、調査をしている中で感じたことなどを日記形式で語ります!

人生初ブログ

初めまして。調査員のNです。
いゃ〜、始まりましたね。そして、順番が回って来ちゃいましたねぇ〜。

非常に憂鬱ですねぇ〜。
私は、文章力がなく小学生の頃から作文は苦手(。>д<)筆が.....フリックが進みませんねぇ。

何を書いたら良いのかもよくわかりませんが今回は、私がこの仕事に足を踏み入れるまでを書いてみたいと思います。

この世界に流れ着くまで、幾つかの仕事をやって来ましたが、前職は町工場で溶接工を約15年していました。
40過ぎての転職でしたので「大変だ!どうしよう(;゜0゜)」と、少し焦りもあり前職と同じような製造業を必死に探していました。

しかし、次に就く仕事は、生涯つづけられる物を見つけないとなぁ.....。
でもなぁ〜焦って長続きしない仕事に就いても仕方ないよなぁ〜。
どうせなら少しでも趣味、好きな分野に近い仕事が良いなぁ〜。と思い、ハローワークでの職種検索ジャンルを変えてみる事にしました。

私の得意分野で、職業に出来そうな事が2つありました。
1つはサッカー!小学生〜高校年代までプロサッカー選手を目指し、Jリーグの下部組織(チーム名は差し控えさせて頂きます)に所属しておりましたので、サッカーの指導者・インストラクター。
もう1つは、趣味でやっていた筋トレ!コンテスト(団体名は差し控えさせて頂きます)にも出場し、賞も頂きましたので、フィットネスクラブのスタッフ・トレーナー。

ハローワークの職種検索ジャンルで(サッカー指導者・インストラクター・トレーナーって何だろう?)と思いながら、専門職と言う所をクリックしたところ、現在の会社が出て来ました。
最初は(あれ?なんか探してたのと違うな。)と思い、何気なく内容を見ていました。内容を読み終えたその瞬間、私の中で何かが!?遠い昔の記憶が.....。(そうだ!探偵じゃん。)

私が中学生の頃、歳の離れた親戚とレンタルビデオで見た「探偵物語」に影響を受けた時代があった事を思い出したのです。
ハタチの頃、1度探偵社に直接電話をし、就職の問い合わせをしましたが「探偵学校を出ていないと難しいです。」と断られ、諦めた過去がありました。

私はその画面をプリントアウトし、係りの方に「この会社の面接を受けたいです。」と申し出ました。
すると「はい、わかりました。でも過去にウチから数名、面接を受けた方がいらっしゃいますが、1人も採用された方はいません。」

.....(;゜∀゜)

昔、電話で門前払いを受けた事もあり、やはり難しい世界なんだなぁ〜と思いました。
当時、求職中だったので普段生やさない髭も蓄えたまま、ダメもとだ!と言った感じで、そのまま面接に行きました。

会社のドアをノックし、事務員の方に「面接に来ました。」と伝えると「社長、面接の方がいらっしゃいましたが、何か聞いてます?」

暫く待つと奥から「ウチじゃないんじゃないかな?他の階と間違えてるんじゃないか?」と言う声が.....。
私は「そうですか。わかりました。」と言い一旦ドアを閉め会社目を確認。
「やっぱりここだよな〜。」と思いながら、再びドアをノック。
どうやら、面接担当Aさんの言い間違えか1時間早く来てしまった様子。

「こちらでお待ち下さいと。」と、通された応接室で待っていると私と同じように髭を蓄えた男性が.....。
これが、ボスとのファーストコンタクトでした。髭と髭をつき合わせ、話すこと数十分。私は、悟りました。(採用はない。)

その後、面接担当Aさんが到着しバトンタッチ。再び話すこと数十分。
「合否は来週中に、ご連絡します。」

やはり採用は、なさそうだなと思い「ダメなら似たような職種の面接を受けようと考えています。」と伝えると急転。
うん。採用しましよう!採用!。」

と言うことで、この日から調査員生活が始まりました。
ルートとしては、前回投稿したタチカワさんと同じですね。
非常に特殊な職務で大変ですが、やりがいのある仕事だと思います。


それでは、今回はこの辺で失礼しますm(_ _)m

次回は何を書こうかな.....。

私がタチカワ(仮名)です!

どうも!調査員のタチカワですm(._.)m

初のブログ投稿という事で何を書くか迷いましたが、今回は初回という事で....

「探偵になるにはどうしたらいいか?」というのを簡単にご説明します(^^)

「探偵になるには?」

まず初めに、無数に存在する探偵社のほとんどが「未経験者OK」という名目を求人に乗せています。

安心してください、探偵を始めるほとんどの人が未経験者の素人です(o_o)

もちろん、中には学校でノウハウを学んだサラブレッドの方々もおりますが、未経験者でも経験を積んでいけば、現場で肩を並べてやっていけますっ( `ω´)!

ただ、普通自動車免許は絶対にもっていた方がいいです( ° ° :).....!

というかこれがないと話にならんレベルですね、はっきり言って( ° ° :)......!!!

張り込みで車に身を潜めたり、時には車を車で追う等、探偵は車を多用します。

ですので普通自動車免許は必須とも言えるでしょう。

正直、資格はこれがあれば皆もすぐに探偵になれますよ(´ω`) ATで全然オッケー


次に職場探しですね、方法は大まかに分けて以下の3つです。

1「ハローワークで探す」

ハローワークの窓口に行って、「あの、探偵やりたいんすけど...そんな求人あります?」と訪ねてみてください(・ω・)

一見アホみたいな質問に見えますよね。
ですがこの問い合わせで良いです!

いくつかの求人がありますから!

何を隠そう、私もこんな感じでハローワークで探した身ですので実体験です笑
因みに、私の時は5件の求人がありやした(`ω´)

2「インターネットで探す」

今は便利な世の中にはなりましたね、インターネットで「探偵 求人」で検索するとめちゃんこ出てきますわ。

詳細を沢山書いてる所もあれば、全く書いていない所もあったり、給料は完全歩合制とか様々な怪しい会社が沢山出てきます!

なので!
気になる所があったら直接電話して聞いてみた方が早いっすね( 'ω' )

3「知人から紹介」

この方法で探偵の世界に入る方も少なからずいると思います。

ですが、探偵は非常に稀な職業です。
はっきり言って身近にそんな人がいたらラッキーです!
マジでほとんどいない希少種です(^o^)

さて、職場探しが済んだら後は適当に面接するなりなんなりしてください。

そして受かれば、あなたの探偵ライフが始まりますよ('ω')!

以上が探偵になるための簡単な流れです。

どこが良いかなんてのは入ってみないと誰にもわかりません。

大事なのは、入った自分がちゃんとそこで探偵をやれるかという見極めです。

探偵は極端です。

合わない人は合わない、合う人は合います。

少しでも合わないと感じたらすぐに辞めると思います。

実際、今の私は何不自由なく、好き勝手やらせてもらえてますので文句はありませんね( ´Д`)

休みすくねーけど.....


長々と失礼しました!

次回は「探偵社 調査員のメリットとデメリット」について書きたいと思います!



それではまた( ˘ω˘ )








リフレッシュ方法!

あぶらマシマシにんにくマシマシ」この言葉で僕は何度でも生き返る・・・・

 

 

探偵は約束ができない職業です。

決まった休みはなく調査がない時が休みになりますが、明日は調査がなくて休みだ!っと思っていても当日に調査に出てくれと呼ばれる事があるので今まで何回友達との約束をドタキャンしたのかわかりません。

友達と疎遠になり個人用スマートフォンが鳴る事がなくなり、本体を充電する事がなくなり今年はまだ一度も電源を入れていません。

もし探偵調査員をやってみたいと思いこのブログを閲覧している人がいるのならプライベートを優先したい人は探偵調査員を仕事に選ばない方がいいでしょう。

 

長期の調査を担当した場合は24週間休みがない事もあり体力、精神、のリフレッシュがとても大事になります。

調査員それぞれリフレッシュ方法があるのですが僕の場合はニンニクの過剰摂取です。

調査は2人以上で行くのですが前日ニンニクを食べると車内にニンニク臭が蔓延し相方に迷惑がかかるので基本は休み予定の前日に食べるようにしていますが、休みがなくニンニクを食べられない期間が長くなると寝ても疲労が取れず調査に支障が出てきます。

 そうなる前に相方に「今日の夜はニンニクを食べさせてもらいます」と断りを入れます。

相方から承諾を得た僕が向かうのは池袋西口から徒歩5分程にある「ラーメン大 池袋店」

200m後方からでもわかる脂の香りに僕の胃袋は動きだし、メロウイエローの看板を確認すると過去の記憶が思い起こされ口の中が唾液で溢れだす、夢のニンニクまであと10分。

店内に入り席に座り注文を終えあと7分、他のお客さんが食べているラーメンの香りを楽しみあと2分、寸胴から僕の注文したラーメンの麺が出て来て盛り付けを開始する店主の仕草を見ていると「トッピングはどうしますか?」と尋ねられる。

何十何百と発している言葉なので無意識に口が動く「あぶらマシマシにんにくマシマシ」と・・・・

 

店主の低い「おまちぃ~」の声と同時にドスンと置かれる丼ラーメン
香ばしい霧のカーテンを息で払うと美しい脂のカルデラ湖が見えてきた、透き通った脂の湖はまるで摩周湖。

丼の周りには雄々しいチャーシューの剣山がそびえ立ちその勇猛さは阿蘇山の如し。

だけどもこの二つは主役ではないあくまで脇役、本当の主役はこのニンニクの銀河。

何千年も前から人間を魅了するニンニクは人間の生きる道を示してくれる北極星。

まずはそのままニンニクをぱくり、刻みニンニク特有の歯ごたえのライブ感、噛めば噛むほど体がほてってくる。

次は脂とニンニクでぱくり、脂の甘さの後に来るニンニクのパンチ力、疲れが吹っ飛ぶ。

今度はチャーシューとニンニクでぱくり、この組み合わせを考えた人に感謝、僕は今この世界で一番幸せな人間なのだと確信する。

その後は呼吸をするのも忘れてラーメンを食べるのだが、気付いたら空のどんぶりが目の前にある。

僕は困惑する、本当に僕はラーメンを食べたのか?隣のお客さんに盗まれたのではないかとあれこれ考えるが僕の体から発するニンニク臭と膨れた腹を見て現実に戻される。

夢の時間はもう終わり、明日からまた仕事を頑張ろうと山手線に乗り込み帰路に着く。

もし深夜の山手線でニンニク臭を撒き散らして寝ている人がいたらそれは僕かもしれません・・・

アーカイブ
カテゴリー
ギャラリー
  • リフレッシュ方法!
  • 【お知らせ】第13回 東京マラソン2019
  • 【お知らせ】第13回 東京マラソン2019
  • 【お知らせ】第13回 東京マラソン2019
  • ミズサワ(仮名)です
  • ご挨拶
  • ライブドアブログ